低糖質で選ぶダイエットにいい食べ物

ダイエットするにあたってカロリーは重要ですが、最近では単純なカロリー数値のみではなく、低糖質というキーワードが重要になります。カロリー制限を行うダイエットでは肉類など高カロリーな食べ物がタブーでしたが、低糖質ダイエットではこうした肉などメインディッシュを避ける事なくダイエットを行うことが出来ます。

低糖質ダイエットの場合にはダイエットにいい食べ物として肉類が入ってくるほど食べ物の関してはカバー範囲が広く、食べ物の制限も極めて限定的になっています。そのため食事制限によるストレスや我慢が少ないので、多くの方が続けることが可能になっています。

こうした低糖質ダイエットではダイエットにいい食べ物として、ご飯やパンなど炭水化物以外のものが主なものになります。そのためダイエットにいい食べ物としては肉類や魚など普通のダイエットでは避けたいようなものも含まれるので、肉が好きな方やメインを我慢したくない方にはぴったりのダイエットになります。

低糖質ダイエットの肝となるのは血糖値の上昇です。ご飯やパンなど糖類が多い食べ物は血糖値の上昇スピードが早く、あっという間に血糖値が増えてしまいます。血糖値が上昇すると脂肪を溜め込みやすくなり、またその反動で食欲も大幅に増えてしまうので、ダイエットには決して望ましくはありません。そのためこうした低糖質ダイエットでダイエットにいい食べ物を選りすぐりながら食事をしていくことが大事なのです。

低糖質ダイエットはご飯やパスタなどの主食を完全に抜くだけではなく、食べる順番を意識することで今日からでも行うことが出来ます。例えばサラダなどは血糖値の上昇が起こりにくい食べ物ですが、こうしたサラダから食べ始め、徐々に血糖値の上昇幅が大きい肉類からご飯などの炭水化物に移行すると、血糖値の上昇が緩やかに行われ、脂肪を溜め込みにくく、お腹も空きにくくなるので、ダイエットには非常に重要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ