炭水化物を食べないダイエット法

ダイエットと聞くと一番最初に思い浮かべるのは食事を食べないダイエットを真っ先に考えると思います。しかしながら、食事を減らすことで体重は劇的に減ることにはなりますが、それは一時的なもので、減った後には体重が急激に戻る、もしくはそれ以上に体重が増えてしまうこともあります。成功例が多いのは食事を食べないダイエットではなく、必要な栄養素は摂りつつも、不要なものは食べないことが重要です。そこで、今回は成功例が多いとされている、炭水化物を食べないダイエットを紹介したいと思います。

炭水化物を食べないダイエットは、文字どおり、炭水化物が含まれている食品を食べないダイエットです。炭水化物が含まれている食品とは、ご飯、パン、お餅、ケーキなどのお菓子類、イモ類、などが呼ばれ、それらを食べないダイエットです。この方法はインターネットで少し調べてみると成功例がたくさん上がっていて、その成功率の高さが伺えます。
なぜ炭水化物を食べないといいのかというと、炭水化物のそのほとんどは水分でできています。ですので、炭水化物を食べないダイエットによって、体の中から不要な水分を抜くことで、体重を落とすことができるのです。

私が実際に試した成功例をお話しします。最初炭水化物を食べないダイエットを始めた時は少しお腹が減る感じがしました。そこで、野菜を多く食べるようにしました。そうするとどんどんと目標体重まで体重が減っていきました。 他の方の成功例を読んでみると、途中で思考力が弱くなったとか、他の成功例の方では、注意力が散漫になったなどのちょっとした副作用みたいなものも出る人もいるようですが、私は特にそのようなこともなく体重をエラスことに成功しました。

インターネットには炭水化物を食べないダイエットの他にも、脂質を食べないダイエットの成功例や、お米だけ食べないダイエットでの成功例もたくさん見つけられるので、今度はその中から私も試してみようかなと思っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ