食べないダイエットは時間帯を決めることが大事

私は毎日少しずつコツコツ行うということができないタイプなので、痩せようと決心したときも最初から食べないダイエットでいくことにしていました。結果的にはうまくいって現在の体重は理想にかなり近い状態を維持できるようになりましたが、やはり食事制限系の減量方法だけあって最初の数週間が一番大変だったと今振り返ってみると感じます。もちろん文字通り本当に何も食べないと日常生活が送れないため、具体的なやり方としては食べない時間帯を決めてその時間は絶対に何も口にしないというルールを自分に強いていました。それ以外の時間なら食べてもいいという安心感もあったことが無事完遂できた理由かもしれないです。

私の場合は食べないダイエットをする時間帯を夜に決めたから、一日で一番豪華な食事のできる夕食を食べられないのは覚悟の上でした。そんな固く誓ったダイエット方法だけれどやっぱり長年の習慣があるおかげで夜9時ごろには空腹を感じてしまうので、それを紛らわすように他の事に注意を向けて食べることを忘れようとして始めたのがストレッチです。空腹のときに体を動かすのはもっとカロリーを消費してしまって食欲がさらにわいてくると思うかもしれませんが、これが意外と食欲を抑制するのによくて体を動かしている間はほかの事が気にならなくなり食べないダイエットを続けやすくしてくれるのです。

ストレッチ後は疲れのせいか食欲よりも睡眠欲の方が高くなり、不思議と食べようという気分にならないからおすすめですし、ダイエットでイライラしなくなります。そのうち意識しなくても食べない時間帯が延びてきて、お昼のランチ一食という日も珍しくなくなったけれど、間食をすることもなく無意識に食べないダイエットが成功していました。特別な道具が必要ない上に幅広い生活スタイルで行えるため、誰にでも挑戦しやすくて効果が現れやすいダイエット方法だと思うから、今まで挫折していたという人でも挑戦してみると案外気軽に続けられるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ