成功例が比較的多い食べないダイエット

数多くのダイエットの中でも、炭水化物を食べないダイエットや、脂肪分を必要最低限しか食べないダイエット方法、1日3食のうち、1食だけはバナナやリンゴなどしか食べないダイエット方法などが、私の周辺の人々やネットで調べた限りでは、多くの成功例を耳にします。

多くの成功例を聞くということは、食べないダイエットというのは、比較的容易にできるダイエットであることを意味していると思います。
食べないダイエットでも、成功例を聞いたり見たりしていると、比較的我慢をせずにできたダイエットと、意外に悪戦苦闘したダイエットに分かれているようです。

炭水化物を食べないダイエットは、その成功例をみると、やはり主食であり、多くの人が好んで食べているものだけあって、なかなか難しく、途中で断念してしまうことも多いようです。

また食べないダイエットの一つで、成功例にて、多くの人が、さほど困難を感じなかったというのは、1日3食のうち、1食だけをバナナだけしか食べないというものが多いようです。その1食以外は食べないダイエットをする必要はなく、ある程度好きに食べて良いというところが、食べないダイエットの中でも、ちょっとゆるい方で、成功例にあげられる理由だと思います。

食べないダイエットを続けている方で、成功例によく上がられるものとして、食べないダイエットをする以外に、軽い運動を取り入れていくことが、やはり食べないダイエットを失敗例から成功例に変える秘訣のようです。

私個人の成功例からすると、夜の6時以降は何も食べないダイエットです。一番脂肪が付きやすい時間と言われている夜の10時から深夜2時までに、血糖値を下げておくという方法です。これは6時以降に食べないダイエットをすれば成功例となり、夜の6時前であれば、比較的好きに食事ができるということが、ストレスにならずに成功例につながったと思います。

まだまだ人類は、ダイエットの成功例が少ないためか、日々、新しいダイエット商品がさまざま出てきています。その点、比較的、成功例の多い食べないダイエットは気軽に始められるダイエットの一つだと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ