安全に行える体質改善を目指す食べないダイエット

昔からダイエットには絶食や断食がよく用いられてきましたが、こうした食べないダイエットは即効性があるという意味では重宝されてきました。ボクサーの方の減量を見ても分かる通り、食べないということは単純に体重を減らすためには最も手っ取り早い方法なので、簡単に痩せることが出来ます。またモデルや女優などの場合、撮影や舞台などある特定の目標を持って痩せたいといいう場合には、こうした食べないダイエットは即効性と確実性を備えた非常に効率の良いダイエットになります。

しかし、一般人がこうした食べないダイエットを実践すると、ほとんどの場合失敗してしまいます。食べないということは当然生命維持に必要な食事を断つということですが、強烈なストレスと空腹感で多くの場合挫折してしまいます。現代では食事の誘惑も多いので、ただ意志力だけでもってこうした誘惑を全て断つというのはボクサーやモデルのような強烈なモチベーションや必要性がなければ困難です。

さらにこうしたダイエットの危険な点は、リバウンドが激しいという点も注意が必要です。これまで食べていない身体に食事を摂取すると、身体は必要以上に脂肪分を多く溜め込んでしまいます。こうした身体の生理的な機能に加え、さらに空腹からの開放でどか食いをしてしまうので、ダイエット開始前よりも太ってしまうのです。

こうしたデメリットもある食べないダイエットですが、安全に行うと非常に効率よく痩せることも可能です。こうした食べないということを日常生活に上手く取り入れる方法としては、朝だけ食事を抜くという方法がおすすめです。胃や腸は消化のためにほぼ24時間働いていますが、昨晩食べた食事をようやく消化するころにまた朝食で負担がかかってしまうので、朝食を抜くだけで内蔵を休ませる時間を作ることが出来ます。これは東洋医学や断食療法でも勧められていることですが、朝食を抜くだけでこうした健康効果だけでなく、一食分のカロリーを抑えることによるダイエット効果も期待出来ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ