3食の内の夕食を食べない様にするのが好ましい

いつ食べようと体重とは関係ないという風に考えがちですが、そうではありません。人間には体内リズムというものが存在していますから、それに大きな影響を受けているのです。分かりやすい例を示しますと睡眠ですよね。ある時間帯になると眠たくなり、数時間ほど経つと自然と起床する訳ですが、これは自分の意思でやっている訳ではないですよね。体が自然とその様になっているのです。

そこで、食べないダイエットを成功させたければ時間帯というものを考えに入れておくと良いでしょう。一般に食べても良いとされるのは朝の時間帯ですので、どうせ食べるならこの時間帯にすべきです。これから活発に体が動くわけですから、それに必要なエネルギーを補給するという意味合いもあります。更に消費するエネルギーの量自体が多いですから、無駄な脂肪を溜め込むという事も最小限で済むのです。

食べないダイエットなどというと断食の類か何かかと思われるかも知れませんが、そうではないのです。断食にはしっかりとしたやり方があって、それ以外の方法でやってしまうと逆効果になる危険性もあります。しかしこの食べないダイエットは似ている様でかなり違います。3食の内の1食を食べないとか、或いは1回の食事の中でオカズの数を減らすとか、そういうようなやり方ですので断食とはまた別のものになるのです。

やはりカロリーを摂取する事によって体重が増えるている訳ですから、それを減らしてしまえば自然と体重は低下していきます。この様な食べないダイエットに加えまして、運動を併用しますとより効果が高くなるでしょう。

食べない方が良いのは基本的には夜間という事になります。昔から寝る前に食べるべきでないと言われていますが、この時間帯は脂肪を体内に蓄えるやすくなる傾向がありますので、それを避けるという意味があるのです。空腹に耐えられるかが不安かも分かりませんが、朝と昼をしっかり食べておけばそれ程気にする様な状況にはなりません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ