食べないダイエットと言っても完全な絶食はNG

ダイエットというのは日進月歩、数ヶ月に1個は必ず新しい方法が出てくるというもので、ユニークなものから眉唾物まで様々な方法があります。ダイエットの基本は、運動をして痩せるというもので食事制限をするよりも運動量を多くしてカロリーを消費していくという方法が推奨されています。食べないダイエットというのもありますが、出来れば避けておきたい方法です。

ダイエットをよく知らない方の中には「食べなければ痩せる」という方がいますが、確かにエネルギーを摂取しなければ体内のエネルギーを燃やしていくことになりますから痩せます。痩せますが不健康です。カルシウムが足りなければ骨粗鬆症になって骨折しやすくなりますし、タンパク質が不足すれば筋肉は衰え体のあちこちに異常を来すでしょう。炭水化物が足りなくなれば脳の働きが弱まり、ビタミンが足りなくなれば病気などへの抵抗力が弱まり、ミネラルが不足すれば死に至ることもあります。人間というのは食事によって命を繋ぐ生き物ですから、基本的に食べないダイエットというのはやらない方が良いのです。

ダイエットのために完全な絶食を行うというのは、努力とは言いません。愚行です。そもそも痩せる意味を考えれば不健康に痩せたとしても意味がありませんから、そんなダイエットはやる必要が無いのです。食べないと言っても、量を減らすとか食事を置き換えて低カロリーで栄養素自体は豊富に含んでいる食べ物にするとか、そういった形で行うと良いでしょう。有り難いことに日本ではそういった食品が大量にありますから、ちょっとネットで調べれば選り取り見取りです。

機能性食品としては、酵素ドリンクなんかは良いかもしれません。そもそもが食べないダイエットのために開発された商品ですから、低カロリーでありながら満腹感も得られる、必要最低限の栄養素が配合されています。その他にもこんにゃくを使って満腹感を維持しながらカロリーを抑えた食品とかを利用するというのも手です。全く食べないというのではなく、こうした物を上手に利用するのが賢い方法です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ