上手に隠されたダイエットにいい食べ物

我が家は女性陣がよくダイエットをしています。体質の問題もあるのだと思いますが、食べてストレスを解消しようとするのが良くないのだと思います。食べてはダイエット、食べてはダイエットというのを繰り返しています。

家族なので、その影響を受けることがあります。特に食事でよく影響を受けます。ダイエットにいい食べ物がよく出てくるのです。りんご、バナナ、ヨーグルトは本当によく出てきます。嫌いではないのですが、偏って出てくるとあまり良い気分はしません。そのことに気付いたのか、前回のダイエットの時に出てきたダイエットにいい食べ物は、見つけにくい物でした。

冬のある日、夕飯として出てきたのはキムチ鍋でした。冬に入ってから鍋と言えば寄せ鍋だったので、とても喜んでいました。お肉もお野菜もたくさん食べられ、久しぶりに鍋で満足できました。次の日、夕飯に出てきたのは中華料理でした。麻婆豆腐、あんかけ焼きそばの2つです。2つとも好きな料理なので、その日の料理も満足できました。3日目はカレーです。スパイスもそうですが、唐辛子の辛みが効いた一品でした。

そこまでは何とも思わなかったのですが、4日目に豚キムチが出てきた時、さすがに違和感を覚え始めました。「辛いものばかりだな。」とそう思ったのです。5日目以降もやはり辛い料理が出てきました。ようやく母と妹がダイエットをしていることに気付かされました。

二人はカプサイシンを積極的に摂取しようとしていたのです。カプサイシンの含まれる唐辛子を食べると、汗がたくさん出てきます。それはつまり、新陳代謝が活発化しているということであり、脂肪が分解されていっているということです。つまり、ダイエットにいいということです。

今回、二人がダイエットにいい食べ物としたターゲットは唐辛子だったのです。毎日食べていたとしても、料理が大きく変わったのでさすがに気付けませんでした。いつもは少し文句を言わせてもらうところなのですが、上手く隠したものだと、その時は何も言いませんでした。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ