1食を食べないダイエットでも栄養や水分は取っていくべき

ダイエットをするなら3食のうち1食を食べないダイエットは、一般によく行われる方法です。成功例では毎日ではなくて2~3日に一回、または1周間に一回など無理のないように行います。

成功例が多いダイエットですが、気をつけるべき事柄があります。食べないダイエットでの成功例では、かならず必要な栄養素と水分を取っているのが当たり前です。人間は食べないダイエットをすると確実に水分が足りなくなり、また栄養を取らないことで疲れたり見た目としてやつれて見えることもあります。

食べないダイエットで必要なのは、まず第1にビタミン類でしょう。成功例を見ると確実にビタミンを取っています。飲み物で良いので、たとえば一杯の野菜ジュースやフルーツジュースを飲んだり、お茶やコーヒーでも飲まないよりずっと良いです。食べないダイエットといっても、飲まないことではありません。成功例に近づくために必要なことは、他の2食をしっかり食べることも必要です。例えば朝は食べないダイエットを実践して、昼食と夕食はちゃんと食べるといったことが、確実な成功例になります。

食べないダイエットで一日の2食を抜く場合の成功例はあるでしょうか。この場合は朝と昼は食べないで、夕食だけを取るという形が考えられます。その場合の成功例でも、朝と昼には野菜やフルーツのジュースを飲んで必要な栄養と水分はたっぷり補給します。食べないダイエットをするわけですから、できるだけ多めに飲んでも問題ありません。ほとんど飲むだけならば、太る心配はありませんし、野菜やフルーツのジュースは利尿作用もありますから、ぜひ食べないダイエットの時には積極的に飲んでみてください。

成功例では夕食はしっかりと食べていますから、栄養豊富な好きな食べ物を食べて行ってください。食べないダイエットで夕食までも抜くとなったら問題ですし、成功例には1食も取らないことは存在しません。食べないダイエットで1日1食にするとしても栄養と水分が大切なことを覚えておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ