ダイエットは大きく食事系と運動系に分けられます

人間と言うのは食べ物が無くなった時に備えて、体に脂肪を貯め込む性質があります。ですからほっておくとどんどん体に脂肪を貯め込んでしまい、体重が増えてしまったり、体型が太くなってしまうのです。そうなると見た目が悪くなるばかりか、様々な病気の原因となってしまう事が良くあります。よってダイエットによって、体に着いた脂肪を落とす必要があるのです。ダイエットは大きく、食事系と運動系に分けることが出来ます。

そもそも人は食べ物を食べる事によって、そこに含まれている脂肪を体に取り込んでしまうのです。なので食事の脂肪を減らすことが出来れば、それで体に着く脂肪の量を減らすことが出来ます。私たち日本人は、昔から和食を食事の基本として来ました。和食には含まれる脂肪が少ないと言う特長があります。よって和食を中心の食生活を送ってきた私たち日本人は、中々太る事がありませんでした。ですがいつの間にか私たち日本人は、脂肪の多い欧米食を中心とした食生活に変わってしまい、それが原因で太りやすくなってしまったのです。ですから欧米食から和食に変えるだけで、痩せることが出来るはずです。

私たちの生活で昔と変わった所には、食事だけでなく運動量が減ったと言う事もあります。昔は交通手段が発達しておらず、どこへ行くにも自分の足を使っていました。また昔は今のように機械が発達してはいませんでしたから、何をするにしても手作業でやるしかありませんでした。そのおかげと言ってはなんですが、それによって私たちは十分な運動が出来ていたのです。ですから機械に頼り切って運動不足となっている現代人が痩せる為には、運動を積極的にする必要があるのです。

ダイエットは取り込む脂肪の量を減らし、消費する脂肪を増やす事で達成が可能ですから、脂肪を制限する食事系と消費する脂肪を増やす運動系の両方をする事が大事です。どちらが欠けてもダイエットは上手くいきませんから、両方を上手く両立させて取り組む事が成功のカギとなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ