バナナを召し上がるダイエット

ダイエットにいい食べ物としておすすめなのがバナナです。バナナはバショウ科バショウ属の植物でその果実は生食用や調理用などに用いられています。果実が熟すと黄色実が増し、甘みも増して美味しくなるのが良いところです。

バナナにはビタミンやミネラル、炭水化物、タンパク質、食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。その豊富な栄養素の割にはカロリーが低いと言うのが一番の魅力です。茶碗1杯の白米のご飯は252kcalあると言われていますがバナナなら1本で84kcalとおよそ3分の1しかカロリーがないです。茶碗1杯の白米のご飯をバナナに替えるだけでダイエットに繋がります。
食事制限を行うと空腹感に悩まされて挫折してしまうことが多いですが、バナナは意外と腹持ちが良いので少ない量でも満腹感を味わえます。さらにヒスチジンと言う食欲を抑える作用が期待されている必須アミノ酸の一つまで含まれています。食欲旺盛な方の食事制限にもピッタリです。

ダイエットするのに健康食品やエクササイズ器具を購入しているとかなりの費用が掛かります。しかしバナナならスーパーでお手ごろ価格で店頭に並べられています。1日朝晩2本のバナナを食べても1日当たり100円ほどと費用面での負担が軽いと言うのが魅力です。
さらにバナナには皮があるために持ち運びしやすいと言うメリットもあります。包丁で切ることもなく皮をむけばすぐに食べることが出来ます。旅行先や出張先でもバックに入れてバナナダイエットを続けることが可能です。

そういった理由からダイエットにいい食べ物として近頃ではバナナに注目が集まっています。ダイエットにいい食べ物と言う魅力以外にも短時間でエネルギーに変わり易いと言う魅力もあります。そのためバナナを栄養補給として食べるアスリートも見られます。
バナナは好きな方なら美味しく食べられますが苦手な方は続けにくいと言うデメリットがあります。さらに長期間保存すると真っ黒になりそのうち腐ってしまいます。あまり大量に買い置きすることは出来ないです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ