安全に行える体質改善を目指す食べないダイエット

昔からダイエットには絶食や断食がよく用いられてきましたが、こうした食べないダイエットは即効性があるという意味では重宝されてきました。ボクサーの方の減量を見ても分かる通り、食べないということは単純に体重を減らすためには最も手っ取り早い方法なので、簡単に痩せることが出来ます。またモデルや女優などの場合、撮影や舞台などある特定の目標を持って痩せたいといいう場合には、こうした食べないダイエットは即効性と確実性を備えた非常に効率の良いダイエットになります。

しかし、一般人がこうした食べないダイエットを実践すると、ほとんどの場合失敗してしまいます。食べないということは当然生命維持に必要な食事を断つということですが、強烈なストレスと空腹感で多くの場合挫折してしまいます。現代では食事の誘惑も多いので、ただ意志力だけでもってこうした誘惑を全て断つというのはボクサーやモデルのような強烈なモチベーションや必要性がなければ困難です。

さらにこうしたダイエットの危険な点は、リバウンドが激しいという点も注意が必要です。これまで食べていない身体に食事を摂取すると、身体は必要以上に脂肪分を多く溜め込んでしまいます。こうした身体の生理的な機能に加え、さらに空腹からの開放でどか食いをしてしまうので、ダイエット開始前よりも太ってしまうのです。

こうしたデメリットもある食べないダイエットですが、安全に行うと非常に効率よく痩せることも可能です。こうした食べないということを日常生活に上手く取り入れる方法としては、朝だけ食事を抜くという方法がおすすめです。胃や腸は消化のためにほぼ24時間働いていますが、昨晩食べた食事をようやく消化するころにまた朝食で負担がかかってしまうので、朝食を抜くだけで内蔵を休ませる時間を作ることが出来ます。これは東洋医学や断食療法でも勧められていることですが、朝食を抜くだけでこうした健康効果だけでなく、一食分のカロリーを抑えることによるダイエット効果も期待出来ます。


最も高い効果が期待できる、食べないダイエット

太る原因は普段の食事にあります。人は食べるからこそ、血となり肉となって体を形作ることができるのです。この食事を制限した、食べないダイエットが、数あるダイエットの方法の中で最も効果が高いのです。食べないダイエットとはいっても、全く飲まず食わずでは生命を維持することはできません。どのくらいまでの量なら病気にかかることなく生きられるのか、きちんと掴んでおく必要があります。

人は水だけでもある程度の期間は生きられます。試しに水だけで生活してみるというのもひとつの方法です。これでダイエットを成功させることができればいうことなしです。肥満を恐れることもないでしょう。しかし、必ずしも成功するとは限りません。また、食べたいという欲求を常に我慢し続けるのは辛いものがあります。水と似たような食べないダイエットの方法に牛乳があります。毎日2リットル近い牛乳を飲むだけで生活を行なうのです。海外には、牛乳だけで生きている民族がいます。ですから、この方法は現実的で効果がかなり高いです。初めの頃は食べたいという欲求で苦しむかもしれませんが、ある程度この生活に慣れてくると苦に感じなくなります。

水や牛乳だけでの、食べないダイエットが困難ということであれば、3度の食事のうちどれかを削ることになります。1日に1回でも2回でも問題ありません。とにかく食事の量を抑えます。食べると直ぐに太る体質ということであれば、サプリメント等の健康補助食品を利用します。サプリメントには人が生きるために必要な栄養素が含まれています。様々な種類があるので、栄養不足に陥るようなことはありません。きちんと計算して使用することができれば、サプリメントだけでも十分体を維持することができます。

食べることを生き甲斐にしている人にとっては辛い方法かもしれません。しかし、どのような体型をしている人でも間違いなく高い効果が得られます。痩せたいと心底思うなら積極的に利用すべきです。そうすれば必ず、人が羨むような素晴らしい体型をつくることができるでしょう。


食べないダイエットは一時的な減量にしかなりません

よく痩せるにはどうしたらいいかという質問に対して「食べないこと」という答えをする人がいますね。
確かにそうなんです。
太る人というのは食べなくていい時に食べていることが多いから太るんだと思います。
でもだからと言って絶食するいわゆる食べないダイエットをすればいいかというとそれもちょっと違うと思います。
1日に5食、6食と過食をしている人は確かに食べないダイエットをする必要があるでしょう。
3食が妥当な回数だと思いますから。

でも、そうでない、美容目的のダイエッターの人はもともとそんなに食べているわけではない人が多いでしょうし、そういう人は食べないダイエットはするべきではないと思います。
食べなければ確かに体重は減ります。
そして体も細く見えるでしょう。
ですが、その生活をずっと続けるわけにはいきません。
続けたら拒食症になってしまいます。
ある程度体重が理想まで減ったら止めることになります。
で、食べ始めるとまた太ります。
その時体の中はどうなっているかというと、筋肉量が減り、脂肪量が増えているのです。
結果的に体脂肪率が増えます。

これって、いくら見た目が細くても隠れ肥満といわれる状態で若いうちはいいのですが加齢と共に体型が崩れてしまいます。
筋肉がある体はハリがあり、立ち姿もすっきりしていてかっこいいものです。
スポーツ選手など立っている姿が堂々としているのはそのためです。
筋肉がないぶよぶよの体では姿勢も悪くなってしまいます。

なので食べないダイエットというのは体重を減らす効果はあるけれど、きれいになれるかどうかというと少々疑問ですし、あまりおすすめはしません。
それよりも無駄に食べることを止めて、適量を食べて、運動をしっかりすることです。
運動もすぐに止めては効果はなく、継続していくのが大切です。
歩いたり、自転車に乗ったりと無理のない運動でいいと思います。
年齢よりも若く見られる人というのはすっきりした体つき、動きの軽い人が多いです。
ダイエットは食事制限よりも運動で痩せた方が健康のためにもいいと思います。


食べないダイエットは注意すべき点がいくつかあります!

食べないダイエットは良いか悪いかという議論を別にして考えれば、当たり前のことですがまず痩せるということに間違いはありません。食べないで太るという人はいません。

体の中に貯蔵されている脂肪が1キロ減少するためには7000キロカロリーを消費しなければなりませんから、仮に一日の代謝量が2400キロカロリーの人がカロリーのない水分以外の食べ物を食べないとすると代謝に必要な一日2400キロカロリーは体内に貯蔵された脂肪が分解されて補給されることになりますから、3日で約一キロ脂肪が減少することになります。太っていればいるほど代謝量は多くなりますから、体重が減少するスピードはそれだけ早くなります。

一日に3600キロカロリーの代謝量の人ですと二日に一キロ減少するということです。数字だけと見ると食べないダイエットは理にかなっているといっていいでしょう。ただ、食べないことはカロリーだけの問題ではなく、他の栄養素が不足するという事態になることがありますから、食べないといっても長期間に食べないということは体調を崩す原因となりかねません。必要な栄養素をしっかりとって、カロリーはなるべく取らないという方法か、食べないダイエットは何日間に一回くらいと言うような頻度でやる方がいいでしょう。

食べないダイエットなどのカロリーコントロールを含む摂取カロリーを制限するようなダイエットで必要となるのは自己管理とダイエット計画です。ダイエット計画は絶対に必要で、計画をすることによって自己管理がやりやすくなりますから、無理のない実行可能な計画を立てることです。ただ、やみくもに痩せたいというころで食べることをしなければ極端な場合には拒食症になってしまう場合もありますから、しっかりした計画のもとで実行するべきです。それに体調を崩しそうになったならばこのダイエット法は自分に合わないということすぐに中止して他のダイエット法に変更することです。


食べないダイエットは効果的でしょうか?

太ってしまうと、多くの人がダイエットをしなければ、と思うはずです。私もその中の1人です。
そこで気になるのが食べないダイエットです。そもそも、太ってしまったというのは、食べ過ぎた、カロリーを多く摂取しすぎた、ということが原因です。ということは、簡単に考えれば食べないダイエットを実行すれば体重は落とせるということになります。

ただ、食べないダイエットには落とし穴があります。ダイエットを考えるときに誰もが頭に浮かぶ言葉があるはずです。その言葉は「リバウンド」。ダイエットと一組かと思うほど、必ずついて回る言葉がこれです。食べないでやせれば当然、我慢しているので後から、その我慢に耐えられなくなった場合に、その反動としてリバウンドがやってきます。その結果、ダイエットをする前よりも太ってしまったということも起こりうることです。気をつけるようにしましょう。

ですが、ある食品をなるべく食べないようにするダイエットであれば話は別です。「少ししか」食べないダイエットと考えれば、食べないダイエットの範疇になるかもしれません。
太る原因としてよく言われているのが、炭水化物の過剰摂取です。過剰摂取であれば、摂取量を通常に戻せばいいだけの話です。それでも、少し食べることで、体に「食べた」と認識させることもできますし、少しではあるけれども、「食べた」という事実が精神的にも私達自身を安心させてくれるはずです。

とにかく、ダイエットで禁ずるべきはなんでも極端なダイエットです。これを食べない、あれを食べない、何かを全く摂取しないという決断ほど不健康な決断はありません。とにかく量を決めて摂取すればカロリーダウンはできるはずですし、体にとってもある程度栄養を取り入れることになるので悪影響はないはずです。
食べない、と決める前に、なるべく食べないダイエットをしてみるべきです。ダイエットは続けられなければ意味がないんですから。ダイエットをするのなら、とにかく続けられるものを選ぶべきです。


食べないダイエットのメリットとは

だれでもダイエットには関心があり、いかにしたら痩せることができるかと頭を悩ませます。一番簡単なダイエット方法は食べないことです。食べないダイエットは即結果が出るし、何か必要器具があるわけでもないので簡単に行う事ができます。一般的には1日食べないダイエットをすると1キロ減ります。もちろん1日食べないというのはお腹もすくし、辛いものです。しかし実際に食べないで胃腸を休めるという健康法もあるので、食べないダイエットが全く悪いわけではないのです。

食べないダイエットのメリットは、即結果が出ることです。そのため大事なイベント前やデート前など、ここぞという時に集中して食べないダイエットをすると、確かに数字として体重は減ります。辛さを我慢するだけで即結果が出るのが食べないダイエットのメリットとも言えます。また何か設備が必要だったり、購入する物があるわけではないので、経済的に優しいです。

しかし食べないダイエットのメリットは他にもあります。それは日ごろ動かしている胃腸を休めることにあります。現代の人は必要以上に食べ物を摂取しています。また食べる時間も不規則だったり、夜遅くに食べ物を口にする人もいます。そういった人にとっては、胃腸は常に動いているので、たまに休めることが必要です。食べないダイエットをして自分の体のメンテナンスをすることも重要です。

人が1日通常の食事をせずに食べないダイエットをすると、たった1日でも胃が小さくなります。それも食べないダイエットのメリットでもあります。胃が小さくなると、少量食べただけでもお腹がいっぱいになりやすいです。そのため、食べないダイエットの後が特に肝心とも言えます。食べないダイエットが終わった後にドカ食いすると、結局はリバウンドになりますが、少量ずつゆっくり食べることでその後も痩せやすくなります。それは胃が小さくなっているため、ゆっくり食べることでよりお腹いっぱいになるからです。”


食べないダイエットを行う事による減量の期待

食べないダイエットを行うと、1日当たりの摂取カロリーを取らないので、代謝と運動による消費カロリーで体重は順調に減りやすいです。食事を全くしないで低カロリーの水分を摂取する生活を続けていると、体の中にある筋肉組織や水分が失われやすいので、体重計に乗ると食べている時よりも減量している事が分かる場合が多いです。

多くの人が考えている減量の目的として、体内に蓄積されている脂肪を減少させて、体重を減らす事を考えています。食べないダイエットだけを徹底しても、運動などで筋肉を鍛えなければ筋肉と水分が失われる結果にしか繋がらないです。脂肪は体内に残ったままである事が多いので、食べた時に余計に脂肪が付きやすくなって、リバウンドの結果に繋がります。

減量で成功する為には筋肉を付けたり、代謝の能力を増やす事が前提です。体重が増加するなどで食べないダイエットを実行する場合、人間が生きる為の栄養分をサプリメントや飲み物でしっかり補給する事が大切です。食事をしない事よりもしっかりと栄養分を取り入れて、減量の活動を行っていく事が理想的な体を作る事の基本的な条件です。筋肉を付けるためには運動ばかりではなくて、プロテインなどの補助食品の摂取を心掛けます。

食べないダイエットを一定期間実行した後は、時々筋肉を付けるためにレバーなどのビタミンが豊富な肉類を少量だけ摂取したり、サプリメントなどを適時取り入れる事が大切です。スムーズに代謝を活性化するためには、サプリメントなどの補助食品が有効的で、有酸素運動を同時に取り入れる事で脂肪の燃焼に繋がりやすいです。時々断食を行いながら、サプリメントと運動による減量の方法を駆使して生活を送ると、次第にコンプレックスから解消される体を手に入れやすいです。若者の場合はダンベルを使うなどの筋トレなどの無酸素運動を行う事が良いですが、中高年の場合はサイクリングやウォーキングなどの活動で筋肉を鍛える事も良いです。


食べないダイエットで本当に痩せることはできるのか

痩せたい、ダイエットしなきゃ~という話をしていると、特に男性から言われることが多いのが、「食べなければ痩せるじゃん」というセリフです。食べなければ体重は落ちていく。それはそうですね、明明白白なことですね。でも大抵の女性の「痩せたい」というセリフは正確に言うと「(甘いものとか好きなものはしっかり食べつつ)(運動など面倒なことは何もせずに)痩せ(てかつ胸のサイズは落とさずプロポーションは保ち)たい」なのではないでしょうか。つまり「食べなければ」という言葉は飽きれてしまうくらいに的外れなものなんですよね。

しかし実際、食べないダイエットをしたとして痩せられるものなのでしょうか。もちろん、一切食べ物を口にしなければ体重は落ちるでしょう。でも単に食べないダイエットをしたところで、筋肉は落ちるでしょうし、身体にも何かしらの異変が生じてくるものだと思います。人間である以上、食べないことには限界がありますよね。

でも世の中には断食ダイエットといういわゆる食べないダイエットというのが知られています。近頃はファスティングとも言うみたいですね。週末だけを使った短期間で行うファスティングダイエットが特に若い女性の間では流行しているようです。でもこの断食ダイエットに絞って論じてみても、これは単に食べないだけのダイエットではありません。食べない日を作るというのは事実ですが、それは前日から徐々に食べ物に制限を加えて準備を行い、かつ断食を行った翌日も水や回復食から食事を始めるというように、きちんとした決まりやルールがあるものです。何も調べずに単に食べなければ痩せるよ!ということを標榜しているわけではありません。

短期間の断食なら比較的準備も簡単で、かつデトックス効果もあるということで、試そうとしている人は多いようですが、人間にとって食べるということは非常に大事なことです。それを断つのならしっかりと調べてから行うべきでしょうね。そして無責任に「食べなければいい」なんていう人間がいなくなるといいなと思います。


3食の内の夕食を食べない様にするのが好ましい

いつ食べようと体重とは関係ないという風に考えがちですが、そうではありません。人間には体内リズムというものが存在していますから、それに大きな影響を受けているのです。分かりやすい例を示しますと睡眠ですよね。ある時間帯になると眠たくなり、数時間ほど経つと自然と起床する訳ですが、これは自分の意思でやっている訳ではないですよね。体が自然とその様になっているのです。

そこで、食べないダイエットを成功させたければ時間帯というものを考えに入れておくと良いでしょう。一般に食べても良いとされるのは朝の時間帯ですので、どうせ食べるならこの時間帯にすべきです。これから活発に体が動くわけですから、それに必要なエネルギーを補給するという意味合いもあります。更に消費するエネルギーの量自体が多いですから、無駄な脂肪を溜め込むという事も最小限で済むのです。

食べないダイエットなどというと断食の類か何かかと思われるかも知れませんが、そうではないのです。断食にはしっかりとしたやり方があって、それ以外の方法でやってしまうと逆効果になる危険性もあります。しかしこの食べないダイエットは似ている様でかなり違います。3食の内の1食を食べないとか、或いは1回の食事の中でオカズの数を減らすとか、そういうようなやり方ですので断食とはまた別のものになるのです。

やはりカロリーを摂取する事によって体重が増えるている訳ですから、それを減らしてしまえば自然と体重は低下していきます。この様な食べないダイエットに加えまして、運動を併用しますとより効果が高くなるでしょう。

食べない方が良いのは基本的には夜間という事になります。昔から寝る前に食べるべきでないと言われていますが、この時間帯は脂肪を体内に蓄えるやすくなる傾向がありますので、それを避けるという意味があるのです。空腹に耐えられるかが不安かも分かりませんが、朝と昼をしっかり食べておけばそれ程気にする様な状況にはなりません。


食べないダイエットをどう成功させるか

ダイエットの方法として最も効果的な物の一つとして物を食べないという方法があります。この食べないダイエットというのは太る要因のカロリーを摂取しなければ太ることは無くなるという単純な原理に基づいたダイエットの方法になりますが、人間はほぼ常に何かを食べたいという欲求を元から持っているため、それを滞りなく実践するためには余程の精神力が必要になって来るでしょう。

また食べないダイエットをする時に考慮しなくてはならないのが、その中からどうやって生きていくのに不自由しないだけの栄養を確保するかという事です。食事を摂る時にカロリーを摂取する事は避けられない物ですが、生きていく上でそれを完全に無くしてしまう訳にはいきませんし、通常の食物に含まれる様々な栄養素もまた私達の健康を形作っているものなので、それらを疎かにすることは快活な生活と引き換えにする事に他なりません。

その点を考慮していくと、食べないダイエットにおいては、何を食べずに何を食べるかという取捨選択をする事がダイエットを成功させるための重要なカギとなって来るのは間違いないでしょう。そうしていくことで無駄な食事をそぎ落としていく事が出来れば、自ずとスリムな体を手に入れる事が出来る筈です。

ただ毎日の食生活に於いてパズルのように必要な栄養素だけを切り取って食材を用意し、それを調理していくというのは余程の知識と技術、時間や手間がなければ満足な成果を得る事は難しいものです。そんな時に誰でも簡単に食べないダイエットを実現する方法としては、サプリメントを利用するのも有効な方法だと言えるでしょう。

サプリメントの中に含まれる栄養素はそれぞれ原材料に何を使っているかという事や製造方法の過程で違ってくる物なので、それを使用するに当たって自分がどのような栄養素を必要としているかを把握しなければ有効な使い方をするのは難しいのですが、一旦良いサプリメントが見つかったらそれを食事の補助的に利用する事で絶大な効果を得られるでしょう。


1 2 3 4 5